FC2ブログ

BLOODYーHEAVEN

自由気まますぎる辺境のブログDEATH☆

プロフィール

珂威

Author:珂威
亀並み更新中・・・。

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

web拍手 by FC2

counter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■美作さん家の家庭の事情~お試し版~

美作さん家の家庭の事情
~お試し版~


何と無く中学入学裏みたいなの書いてみた?←
短文駄文ヤッハーな感じだよ?

* * *


美作家のリビングで何かを広げている母夢子を不思議に思い後ろから広げた冊子の一つを拾い上げる。
それは、中学校の資料だった。

何故今更こんなものを広げているのかと夢子を見ると、満面の笑みで一つの資料をあきらに見せる。


「ねぇ、あきら君。この学校どうかしら?このリボンが可愛らしいと思わない?きっとつくしちゃんに似合うわ( ´艸`)」


嬉しそうに笑う夢子の言葉の一部分が大きく頭に響いた。


つくしちゃんに似合うわ・・・だと?


「ちょっと待て。何でそこでつくしが出てくるんだよ!?」

驚いて夢子に向き直って叫ぶように聞くと、あら?という顔をしている。


「あら?あら?あきら君に言ってなかったかしら?中学からつくしちゃん日本の学校に通うのよ。だいぶ体も調子が良いらしくて。だから私がつくしちゃんの通う学校を決めてるのよ。」

そう言って笑顔で答える。

「永徳でも・・・と思ったんだけれど、セキュリティーはいいけれど制服が可愛くないんですもの。だからセキュリティーのしっかりした可愛い制服の私立校をと考えてるの」

と、自分が選んだ制服の可愛らしい学校の資料を渡してくる。
それを数冊見て頭を抱える。共学が数校混じっている。

つくしは、天然な上かわいい・・・そう・・・ちょっと天然入った上に可愛いのだ。
共学なんて行かせる訳にはいかない。
だが、永徳ももってのほかである。

野獣と女好きな幼馴染が居るのだ・・・可愛い妹を合わせる訳にはいかない。
妹を守らなければと思っても四六時中一緒に居れる訳でもない。幼馴染共とずっと一緒なんてのも御免だ。

ならば道は一つ。
それに理由を考えれば・・・言えば、親父も同じ気持ちになるに違いない。


という事でそっと共学の学校の資料を抜き去る。
それにビックリした顔になる夢子にあきらは、とてもいい笑顔で・・・


「おふく・・・お母さん。共学はダメだと思うよ。つくしは今まで女子校だったんだよ?突然男子のいる学校に入れるなんて負担になるだろう?だから女子校で制服の可愛い所が良いよ?それに女子校の方が制服の可愛い所が多いんじゃないかな?」

と、とってつけたような説明をした。
それに女子校なのは本当の事だし・・・まぁ理由がやっぱり男子と一緒は無い!!という父親の我儘だったのだが。
それを知っているのは、同じ思考回路なあきらだけである。
そんな考えでも自分はシスコンじゃないと言っている。

「そうね~今まで女子校だったものね。確かに気疲れして倒れたら大変だものね」

うんうん。頷いている夢子にホッとしてそっと父親にメールを打つ。
夢子の気が変わらない様に女子校の入学手続きをさっさと済ませる様にと・・・。

「そうだわ。ねぇあきら君。私、ちょっとパパの所に行ってくるわ~つくしちゃんの事だものパパと相談してくるわ」

思い立ったが吉日のようにその日のうちに旅立った母を見送りあきらは、父に念を送った。

つくしの為に何より自分の心の安寧の為に頑張ってお袋を説得してくれよ・・・と。


後日、某女子校の制服をウキウキしながら注文する母に、親父グッジョブ・・・と思ったあきらがいたとか?



終わり
何と無くこんな始まりかもしれないと試に書いてみた。
きっとあきらが送り迎えしてそう。
そして絶対に司と総二郎には合わせないと思う。類は・・・基本無関心なので接点持とうとしないと思うのである程度放置。

あきら、つくしに付きそうな虫は付く前に駆除してるんだろうな・・・でもシスコンじゃないと言い張る。

そんなあきらがみたいでござる←
続かないよ・・・たぶん。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作小説
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

■ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2016/10/09   # 

■ コメントの投稿